コンサルタントブログ

BLOG

2021.11.10

薬剤師の年収差のからくり~企業規模、賃金形態②~

今回は、前回に引き続き、企業規模、賃金形態編の
【賃金形態】についてお話します。

【賃金形態】
賃金形態は、代表的なものは月給制もしくは、年俸制です。
皆さま多くの方が、最終的に年収ベースでご判断される方が多いかと思います。
その際に、内定通知書や労働条件通知書で詳細を確認できますのでしっかりと確認しておきましょう。

年収ベースの判断だけではなく注意してみて欲しい点は、2点。
1.基本給と資格手当と賞与
2.みなし残業時間(固定残業)

まず、1ですが、
月給25万円、この場合
①基本給20万円+薬剤師手当5万円 で25万円
②基本給25万
どちらが良いでしょうか。
答えは、②

結構①のケースが多いと思います。賞与のベースの基本給がどのようになるのか
確認しましょう。また、会社によっては、賞与が思うように支払われないリスクを
背負うことになります。そのため、賞与への過剰期待は控えるようにしましょう。

そして、2
これは、年俸制の提示に多いケースです。
年収500万円を提示されみなし残業時間20時間含むという記載があることがあります。
現在、企業側の提示義務として、月額給与の基本給部分と固定残業代の提示額は
なされるものとなっています。

例えば、
12分割計算 賞与含まずの場合
年俸\5,010,432  基本給\324,336  固定残業代\93,200を含む/月 の場合
月額給与は、基本給+固定残業代=417,536円 となります。

当然ですが、同じ500万円でもみなし残業が10時間、20時間、30時間と
あった場合、少ない10時間が良くなります。
ただ、20時間あっても実際の残業はほとんどないというケースもあります。
実態の残業時間とみなし残業時間を把握することがポイントです。

また、賞与を含む場合は分割が14分割、16分割と記載があります。
この場合は、別途2か月分、4か月分が支払われます。
ただし、労働基準法上賞与とはみなされないため、名目上の賞与という形になります。

見た目の年収を大きく見せたり、基本給を小さくして賞与の総額を抑えるような
企業側の各社賃金体系がございますので確認しましょう

●まとめ
・基本給が大事 極端に低い設計は注意が必要
・固定残業時間がある場合は、実際の労働環境を要チェック

2021.11.10

薬剤師の年収差のからくり~企業規模、賃金形態①~

企業規模、賃金形態編です。

【企業規模】
店舗数、売上規模によります。
もちろん、売上大きくても、赤字では意味がありませんので黒字であることがとても大事です。

民間企業では、一般的に大手企業ほど年収が高く、中小企業ほど年収が低い傾向があります。
一方で薬局の場合、その逆で、大手企業ほど年収が低く、中小企業ほど年収が高い傾向があります。

理由は大きく2つ考えられる。
1つは、大手は新卒採用が盛んで、年収が低く抑えられているという点
2つめは、人事制度設計の問題

1つめは、わかりやすいですね。
2つめは、目安ですが、10~30店舗ほどのチェーン店ですと従業員もそこそこいるようになりまして
会社として標準化していくため仕組み作りが行われます。
そのため、周りとのバランスが必要となり、待遇差を出しづらくなります。

一方で、個人店レベルですとまだまだ、オーナー独断の組織作りとなっていることと、
採用力も弱いため、人件費をあげて採用する傾向が強くなり好待遇を提示されやすい現状があります。

まとめ
・年収を上げるには小規模の方が高くなりやすい 民間企業と逆!
・規模の目安は10~30店舗以上か以下か 

【賃金形態】は少し長くなりそうなので次にします。